【漢方】資格の難易度はどれくらい?

資格を取得するときに、どれくらい勉強しなければいけないのかは、資格取得者にとって気に掛かることの一つでしょう。

 

どれくらいの勉強量をこなすべきかは、単にその資格の難易度に掛かってきます。そこで今回は、漢方資格の難易度についてご紹介したいと思います。

 

漢方資格の難易度について

漢方資格と言っても、たくさんの資格が存在します。現在日本で漢方資格として知られているものの中には、薬膳の知識を習得できる資格も多くあります。

 

漢方や薬膳の資格は、通信講座の講座をすべて修了し、試験に合格すれば資格が授与されるものがありますが、これらの漢方資格であれば、試験の難易度自体はそれほど難しいものではないでしょう。

 

ただし、しっかりと定められた学習スケジュールに付き従うことが、漢方資格を早く取得するためには大切なことになります。

 

通信講座の場合、自分のペースで学ぶことができるのが大きな特徴ですが、隙間時間などに学んだことの復習を繰り返すことによって、確実に知識を身につけていくことができるでしょう。

 

筆記試験と口頭試験がある漢方資格も!

漢方資格の内でも、国際薬膳食育師の資格は、レベルによって資格のレベルが異なります。試験スタイルも異なるため、自分の目指す級に合った学習法をする必要があるでしょう。

 

難易度については、国際薬膳食育師の3級はそれほど高いものではありません。通信講座をすべて受講し試験に合格すれば、資格認定料無料で資格取得をすることができます。

 

しかし、2級と1級、そして師範レベルを目指すのであれば、資格認定している学会が実施している講座を受講し、その後に筆記試験と口頭による試験、そして面接を受けることが求められます。

 

半年コースの初心者向けである3級以上に、仕事に活かすことを目的とした2級から上のレベルは、資格取得難易度もかなり高めであると言えるかも知れません。

 

ですが、一生役に立つ知識を学べるため、難易度が高くても挑戦しがいのある資格であると言えるでしょう。