漢方の資格|求人状況はどうなの?

実践的な知識を習得できる漢方の資格ですが、趣味としてだけではなく、仕事に活かそうと資格取得をされる方もおられるでしょう。

 

漢方資格を活かせる分野の仕事の、現在の求人状況はどのようなものなのでしょうか?

 

漢方の資格を取得したけど求人はあるの?

キャリアアップを願って漢方の資格を取得はしたものの、仕事に活かせないようでは、がっかりしてしまいますね。

 

しかしながら、漢方資格を活かすことができる仕事の分野は非常に広範囲です。そのため、職種を選ばないのであれば、簡単に漢方資格を活かせる分野での仕事に就くことができるでしょう。

 

漢方資格が活かせる分野の仕事としては、薬局勤務や介護などの医療系の仕事、美容師やエステティシャンなどの美容系の仕事、そして調理師や料理教室主催などの飲食系の仕事があります。

 

資格を活かせる範囲が幅広いため、漢方資格を取得した後に求人を探すのは、それほど大変なことではないでしょう。

 

漢方の資格が最も活かせる仕事って?

職種による選り好みをしなければ、漢方の資格を仕事に活かすことはとても簡単なことです。

 

しかし、どうしても漢方の知識をメインとして披露できる仕事に就こうと思うのであれば、どの職種の仕事が一番よいのでしょうか?

 

知識をアドバイスという形で人に伝える仕事であれば、ドラッグストアなどの医薬品登録販売者やエステサロンのエステティシャンの仕事があります。

 

地域によっても異なりますが、都心部を中心にこれらの仕事の求人は、常に一定数以上はあるものです。

 

また、薬膳に関する知識と技術を人に教える仕事としては、料理教室で働いたり、薬膳の知識を活かせるレストランなどで働くことができるでしょう。

 

開業する気としっかりした準備さえあれば、薬膳レシピを教える個人の料理教室を開くことはできるでしょうし、地元のカルチャースクールの講師などとしても、漢方と薬膳の知識を伝えることができます。

 

資格取得後には幅広い活躍が期待できるからこそ、漢方の資格取得は、趣味だけに留めておくにはもったいないと言えるでしょう。