漢方薬局を開業する方法とは?

街中で見かけることのある漢方薬局。気軽に健康相談ができたり、自分にぴったりの体にやさしい漢方薬を調合してもらえるため、とてもありがたい存在なのではないでしょうか。

 

そんな漢方薬局を開業したいと思うのであれば、いったいどんな準備が必要なのでしょうか?

 

漢方薬局を開業するのに必要な資格とは?

まず、漢方薬局を開業するに当たって、必要とされる資格を取得するところから、準備を始めることができるでしょう。

 

漢方薬局も薬局のひとつであることを考えるなら、開業にあたっては薬剤師の資格が必要になります。

 

しかしながら、もしもすでに医薬品メーカーでパック詰めされている漢方薬を売るだけなのであれば、薬剤師の資格はなくとも、医薬品登録販売者という資格だけで漢方薬を売るお店を構えることは可能です。

 

医薬品登録販売者には、漢方薬の調合などは許されていませんが、市販の第一類医薬品以外の漢方薬であれば、店頭で販売することができます。

 

ただし、その場合には1年以上ドラッグストアで働いた実務経験があり、医薬品登録販売者の資格試験に合格する必要があるのに加えて、開業の際には店名に「薬局」を名乗ることはできません。

 

ちなみに、自分のほかに薬剤師を雇う場合であれば、店名を「薬局」とすることが可能です。その際には、薬剤師が常にお店に常在している状況である必要があるでしょう。

 

その他に取得しておきたい資格とは?

漢方薬を取り扱うお店ですから、漢方資格を取得しておいて損はありません。

 

薬剤師の資格を持っている方であれば、漢方資格のほとんどが民間資格であったとしても、さらに漢方分野に詳しいことの証明となるでしょう。

 

国際中医師の資格があればなお良いでしょうが、その他の漢方・薬膳資格でも、しっかり漢方について習得できる資格があるのであれば、そちらの資格を取得しておくのも良いでしょう。

 

薬膳アドバイザーや、薬膳インストラクター、漢方養生指導士や漢方カウンセラーなど、さまざまな漢方資格があるため、漢方についてしっかり基礎から上級知識までを学べる講座の資格を選ぶ必要があります。