【漢方】資格の種類にはどんなものがある?

漢方資格と一言に言っても、実はいろんな種類があります。

 

自分にぴったり合った資格を選ぶためには、どんな資格の種類があるのかを知ることが大切でしょう。

 

今回は、どんな漢方資格があるのかについてご紹介したいと思います。

 

漢方資格の種類について

漢方資格は、漢方医学や生薬の特徴、食材についての知識を深めるのに役立ちます。

 

漢方に関する資格としては、薬膳マイスターとして知られている、国際薬膳食育師の資格があります。

 

こちらの資格では、主に中国の漢方と言うよりも、日本の様式や日本の食文化に合った薬膳の知識を身につけることができます。

 

国際薬膳食育学会が認定する民間の資格になりますが、3級以上のレベルを取得したいのであれば、学会での講習を受けた後、筆記と口頭での試験を受ける必要があります。

 

また、漢方資格として、薬膳インストラクターと中国漢方ライフアドバイザーいう資格もありますが、こちらの資格は、一般財団法人である日本能力開発推進協会(JADP)が認定している漢方の資格になります。

 

漢方医学に基づいた理論や、それぞれの食材がもたらす薬膳としての効能についての知識は、趣味としてだけではなく、仕事にも役立てることができるでしょう。

 

その他の漢方資格について

他にも、日本中医学食養学会が認定している漢方資格の一つとして、薬膳アドバイザーという資格があります。

 

基本的な薬膳に関する知識を身につけ、自分で簡単な薬膳レシピを作れるようになるため、生活の中に、気負わずに漢方の知識を取り入れたい方にとって魅力的な資格であると言えるでしょう。

 

薬膳アドバイザーの資格と似ている資格として、薬膳コーディネーターという資格がありますが、こちらの資格は、本草薬膳学院が認定している民間の資格になります。

 

薬膳コーディネーターの資格は、中国薬膳研究会という、国際薬膳師の資格を認定している機関が認めているものでもあるため、中国の本格的な漢方理論を習得するのに役立つと言えるでしょう。